<em id="3ddt7"></em>

<var id="3ddt7"></var>

    <sub id="3ddt7"><output id="3ddt7"></output></sub>

    English
    ホーム会社概要業務内容ダウンロードよくある質問お問い合わせネットホーム地図

        ファーストトラック

    香港の商業事務
    現在の場所 : ホーム >> 業務案内 >> 香港の商業事務
     
    香港合資会社の特色、設立手順と料金

                                  香港合資会社の特色、設立手順と料金


    合資会社の人数要求
     
    合資会社には無限会社と有限会社があります、合資会社の人数は20人超えることが出来ません、弁護士、公認会計士など専門役員で成ります、20人を超えると法人会社を設立する必要があります。
    有限責任合資会社の経営は20名出資者を超えることが出来ません。必ず一人で無限責任を担しなければなりません、ほかの人は有限責任だけ引き受ける必要があります。
     
    出資者の義務と権利
     
    無限責任合資会社は<合資経営法>管制を受けます。出資者は書面或いは口で合資協議を作成して出資者の義務と権利割当割合。もし出資者は合資協議がなければ<合資経営法>により、全ての出資者は同じ権利で、商号の収支を担います。出資者死亡のため、合資会社が倒産した場合、出資者は、他の出資者に、適当な時間内に、会社の倒産を通知します。
     
    <合資経営法>により、各出資者は合資商号の代表者なので、会社名義で借入金と契約書に調印ができます、各出資者は合資会社全部の外責任を担して、出資者は合資会社の資産を共有します。
     
    有限責任出資者は法人団体のことができます、有限責任合資会社の経営は、一人で無限責任出資者ことができます、ほかの三軒有限会社は有限責任出資者をとして、1軒有限合資会社を経営します。
     
    法律により、有限責任出資者は合資会社の業務と行政機関関することを参加しできません、合資商号の代理者ではないが、台帳を審査する権利があります、もし有限責任出資者は合資会社の業務を管理すると、管理期間の財務はほかの出資者と一緒に引き受けます。
     
    出資者変更
     
    出資者は加入或いは脱会は、必ず全部出資者が賛成しなければならない、新入出資者は、合資会社前の債務を引き受ける必要がありません、脱会したばかりの出資者は前の合資会社債務を担し続けます。<合資経営法>により、外は未変更前の出資者が有効な合資者としますが、合資人事変動は政府の新聞に掲載する必要があります、ほかに<業務譲渡(債権者を保護する)法>合資業務譲渡することは二つ英文新聞及び一つ中文新聞で責任を見分けて掲載します。
    上は出資者の義務と権利で、合資協議条件は更改することができます。
     
    合資会社の設立手順
     
    合資会社の法律手順の準備はとても簡単で、出資者は税務局商号会社登録處に、代表者を派遣して、商業登記証の申請書類を書き込みって、登記料金と一緒に提出します、注意してください、合資経営者の商業登記申請書類と独資会社のは違います。
    有限責任合資会社は、<有限合資経営法>管制を受けます。有限責任合資会社は、商業登記のほかに、必ず会社登録處に登録しなければなりません。
    合資会社の設立手順と独資会社のはほぼ同じで、一営業日内もできます
     
    手順一
    出資者は設立会社の経営と管理を協議する必要があり、各出資者は会社の権利、責任、及び利益の比例配布などを相談する必要があります。この協議は自分で作成することができますが、今後の紛争が起こらないように、必ず弁護士に訂正と証明しなければなりません、弊社は簡単な合資協議書を作成するサービスもできます、詳しい情報と料金はファクス或いは電話(852)23411444、でお問い合わせください。
     
    手順二
    出資者は事務所を立案した後、必ず会社の創業したの一か月後、財務局範囲の商業登記處に商業登記証を申請しなければなりません。
     
    手順三
    出資者は申請書類を書き込みして、そして営業許可書の料金を納めます。普通なのは、一時間で商業登記証を取扱うことができます。申請者は指定な書類と商業登記料金を商業登記處に郵送することもできます。商業登記處は貴社指定な住所に登記証を送ります。
     
    注意事項
    (1)<商業登記法>により、経営者は、営業許可証を、営業所に掲示する必要が有ります;
    (2)営業許可証の有効期限は1−3年ですが、営業許可証を申請する時に、有効期限が1−3年か選択する必要が有ります、料金は商業登記料金表を参照してください;
    (3)申請書類を提出する時、経営者は自分の身分証明書のコピー<例えば合資会社、全部出資者の身分証明書コピー>が一緒に提出します;
    (4)経営者は現金、小切手で商業登記料金を納めます;
    (5)特別な業務、(例えば、ホテル、株式仲介業務等)の場合、経営者は、商業登記証とは別に、営業許可証を申請してから、営業するが出来ます;
    (6)香港法律は独資と合資会社経営者の国籍を問い合わず、経営者はどの国、地域の住民もできますが、もし経営者は非香港住民場合、香港住民の経営代表者を任命する必要があります。注、代表者は会社業務代理と管理権利がありません、唯政府手紙を受け取る責任があります、弊社は代表者委任サービスを提供できます;
    (7)独資会社と合資会社も香港の住所が必要です、弊社は営業住所を提供いたします;
    (8)もし全部の経営者は非香港住民場合、一人香港住民の経営代表者を任命する必要があります、会社と税務處を交流するために。
     
    合資会社の解散
     
    有限責任会社は、無限責任の出資者が死亡或いは倒産のため解散します。そのほかに、有限責任会社は<会社条例>によって、法人会社の清算手順、裁判所に、会社解散を申請します。
    合資会社の登録費用
    弊社のサービス料金:USD150
    商業登記料金:USD335
    営業住所年間料金:USD200
    会社代表任命年間料金:USD200
    総計:USD885
    取扱時間:五営業日が必要です。
     
    お客様に用意し提供する書類と資料
    1、  会社名<中文、英文或いは中英文>
    2、  出資者の身分証明書或いはパスボードコピー
    3、  各出資者は合資会社の資本の比率
    4、  各出資者の住所証明書コピー、例えば光熱費、電話料金


    精品人人妻人人澡人人爽牛牛

    <em id="3ddt7"></em>

    <var id="3ddt7"></var>

      <sub id="3ddt7"><output id="3ddt7"></output></sub>