<em id="3ddt7"></em>

<var id="3ddt7"></var>

    <sub id="3ddt7"><output id="3ddt7"></output></sub>

    English
    ホーム会社概要業務内容ダウンロードよくある質問お問い合わせネットホーム地図

        ファーストトラック

    香港の商業事務
    現在の場所 : ホーム >> 業務案内 >> 香港の商業事務
     
    香港「私人有限会社」会社設立紹介

    香港「私人有限会社」会社設立紹介



    一、「私人有限会社」紹介
    香港《会社条例》によって、香港私人有限会社は(つまり責任有限会社、同様に株式有限会社)以下の主に特徴があげられます:
    1、最低1名株主が必要、国籍問わず。株主は別の有限会社であることができます。最多で50人  を超過することを禁じます。
    2、登録資金制限が無い(最低HK$1.00)。
    3、会社定款は必ず株式譲渡名義書換の制限を明記して、公然に会社株券或いは債券を引受るこ  とを禁じます。
    4、加入して株主者は非香港住民もできます。

    二、3種類「私人有限会社」設立方法

    1、新規会社設立
    A、発起人(創立者)が準備をして、通常に香港会計士、弁護士事務所或いは専門登録代行会社を通  じて発起人とすることができます。
    B、会社設立後で、代表発起人が会社を引き下がるできます。株主発起人は会社に給与取締役及  び会社秘書を雇われするができます。新規会社設立は約2週間です。

    2、出来合い会社(シェルフェカンパニー)を購入します
    香港にいくつか工商サービス会社は、意味がある会社名を選ぶ、予め部分の登録手続きを取り扱います。有限会社として公開に売出します。シェルフカンパニーを購入する場合は約3営業日、時間も節約します。

    3、先出来合い会社(シェルフカンパニー)を購入して、後会社名を変更します。

    時間の関係に基づって、先ずは出来合い会社(シェルフカンパニー)を購入して運営として。名称が不満であれば変更が必要で、自分選択の名称を変更します。

    三、新規会社設立手順の紹介
    1)会社名登録――手続きに移る前に希望社名の中英文名称を予定して、類似商号がないかどう  か、会社登録所に確かめることが必要です。同名の会社があれば、別に名称を予定しまう。
    2)株主会の設立――株主は先に最低1名株主代表を任命して発起人とする、または会計士を任  命して「代表発起人」として。発起人も必ず「株式引受人」で、最低1人1株です。会社申請設立時、外の地区株主も同時に「株式引受人」とします。
    3)取締役の設立――いくつかの国の自然人或いは法人が取締役を担当ができます。会社の事柄  と書類の署名を処理します。
    4)登録住所の選ぶ――会社設立或いは商業登記にかかわらず、「香港登録住所」がある必要で  す。「会社」を本社の「会社秘書」に登録ができます。
    5)会社定款の作成――有限会社設立は必ず定款があって、専門人士を任命することができます  。通常には定められた書式があります。定款が終わった、公認人立会いによる発起人の署名を記入したものです。
    6)会社秘書の任命――必ず香港人もしくは香港で設立された法人です。会社と政府コミュニケ  ーションのブリッジとします。本社は会社秘書の代理人ができて、会社秘書の厄介な仕事を解決できます。
    7)会社登録所の取得――上述の書類が完了したら、任命された会計士、取締役或いは秘書が政  府検察官前に宣誓して、それから「会社定款」と「宣誓陳述書」等種類を会社登録所に届出します。
    8)商業登記の手続き――会社が設立を許可された後、「法人」として香港税務局の商業登記處  に商業登記の手続きを取扱します。当年度の登録料を支払って、上述の手順が終わった営ができます。



    精品人人妻人人澡人人爽牛牛

    <em id="3ddt7"></em>

    <var id="3ddt7"></var>

      <sub id="3ddt7"><output id="3ddt7"></output></sub>