<em id="3ddt7"></em>

<var id="3ddt7"></var>

    <sub id="3ddt7"><output id="3ddt7"></output></sub>

    English
    ホーム会社概要業務内容ダウンロードよくある質問お問い合わせネットホーム地図

        ファーストトラック

    香港の商業事務
    現在の場所 : ホーム >> 業務案内 >> 香港の商業事務
     
    香港会社特徴

    香港会社特徴


    国際ビジネスと投資の会社種類を用いてる
    私人有限責任会社

    香港会社の設立手順

    会社登録所に予定の会社定款を提供して《会社注冊証書》を申請します。《会社注冊証書》を受取った、初任取締役、秘書と登録住所等資料をて提供して、同時に商業登記所に《商業登记証書》を申請します。

    制限な業務
    別の外に取る営業許可証でないかぎり、会社は銀行、保険或いは金融業務を経営することができません。
    香港会社の権力
    私人有限責任会社は1つ自然人の全て権力を備えます。
    香港会社特徴

    会社登録書類の言語
    英文と中文両方ができます。

    登録住所
    毎会社は香港のアドレスを会社の登録住所とすることが必要です。それによって政府の書簡を往来するために。

    会社名称
    新規会社設立或いは現有会社が名称変更を問わず、予定の会社名は必ず唯一無二で、且つ外の会社名と衝突することがありません。それで会社名の少し字に対してある程度制限があって、例えば「銀行」或いは「信託」。会社名は英文ができで、或いは英文と中文を併合です。英文社名の最後は「Limited」で終わる必要があり、それで漢字の名前の場合は最後に「有限会社」」が付きます。

    又、有限会社名称と違う貿易名称を使うことができます。しかし必ず注意して、この貿易名称は現有の登録名称が衝突することがあります。会社便箋のメールヘッダ及びその他が発給して公衆デートは貿易名称を印刷します。即ちある違う貿易名称のシェルフカンパニーを使って、会社はリアルタイムで開業することができます。そしてその後で会社の正式名称を変更することができます。サービス商標も香港で登録することができます。

    一般的に希望社名は政府を通じて予め審査或いは許可すること必要が無い、同時に予め会社名を取っておくことができません。従って、登録前に会社登録所で希望会社名登録ないかどうかを調査することが必要です。従って、まず会社登録所で登録をしようとする社名が既に登録されていないことを確認することが必要です。

    許可証と名称に賛成しなければなりません

    商会、許可、相互組織、地下鉄、貯金、信託、保険、再保険、ファンド管理、銀行など単語。
    シェルフカンパニー(出来合い会社)
    シェルフカンパニーの運用は非常に普遍的です。一般的に専門サービス会社があります。最短で1日に全ての譲渡の手続きを完成することができます

    香港で、設立会社の最速方法は所謂「出来合い」或いは「シェルフ」かんぱにーを買うで、創立株主に発行済み株式を買い付けます。シェルフカンパニーは未運営会社で、それゆえきれいな会社です。取引先がシェルフカンパニーを買う時、弊社はシェルフカンパニーは未運営会社と証明します。名称が不満であれば変更することが可能です。弊社がシェルフカンパニーはHKドル10,000授権資本で設立されていて、額面毎にHKドル1.00の普通株、そのうちは1株は代理人を与えます。その後、株本は細分或いは株式合弁を借りることを変更することができます。定款の内容は大抵の業務をカバーできるよう汎用的な内容を立案します。弊社はたくさん1年を超過する古い会社を持っていて、決して重大な負債が無いを承諾します。

    設立に要する時間
    会社定款書類を提出してから2週間で全ての登録手続きが完成します。シェルフカンパニー購入の場合は最速2日間です。(書類急送時間を含みません)

    最終権益人の資料を公表します
    要りません。代理株主と代理取締役の運用が多いです(代理取締役と代理株主の定義)。

    授権資本金と支払資本金
    資本金の設立制限が無い。ただ、大部分私人有限責任会社はHK$10,000程度の授権資本で設立されている。最低支払資本金はHK$1.00、1人1株あたりHK$1.00。登録或いは増資の場合は、拡大した授権資本×0.1%の資本税がかかる。資本金を銀行に入金する必要は無く。

    株式発行の分類を供給できます
    普通株、優先株、譲渡株。投票権の株式を備えません。

    無記名株
    会社は無記名株を発行できません(無記名株の定義)

    香港主に税目種類
    香港の税務構造は簡素で、主に下記の税目があります
    給与所得税——個人の収入によって計算します
    法人税——利得税によって計算します
    遺産税——死んだの遺産価値によって計算します
    香港は不動産課税項(「差饷」)、印紙税、関税、及び外の各種課税、ただ営業税を課かません。

    二重課税防止に関する合意

    目前、香港はまだ他の国と全面的な税務条約を取り決めない、でも海運と航空向けでそれぞれ協議を合意されています。従って、司法権区を問わずから香港特別行政区の配当金と利息を入った、最高税率によって予め税を課さないてはいけない、即ち外国税務機関と情報を交換することの規定がない、この点も重要です。いくらでも香港実体をオフショア構築に合併することが非常に役に立ちます。しかし特許費或いは利息の情況に必ず注意してください。

    商業登記
    登録会社は《商業登記条例》に基づって税務局に必ず登録を行なわなければなりません。書き込む商業登記証は必ず商業活動のタイプ及び香港で従事する全て商業活動のアドレスを明記しなければいけません。登記証の有効期限が12月或いは3年で、商業登記証の有効期間が期限になる前に更新することが必要です。(商業登記料表)

    取締役人数
    最低1名取締役を任命することが必要で、いくつかの国籍では、その会社がどこの国に設立されたかではなく。取締役の資料は必ず会社登録所にアーカイブさせます。この資料は公開して及び公衆に調べさせることができます。もし秘密にする必要があれば、代理取締役ができます。

    香港で、代理人が現地私人会社取締役を担当することが多いです。特別当事人が外国人です。取締役の職責は各会社の定款を負って、直接会社条例と英国の会社法一般条文の法律責任及び外の責任を引受することが必要です。都合により、弊社の代理人会社或いは信頼できる個人は会社取締役を担当することができます。

    会社秘書
    1名秘書が必要で、個人或いは会社。もし会社秘書は自然人なら、必ず香港住民です。若し会社秘書は法人なら、その法人が香港に設立された会社或いは香港に経営アドレスがあります。会社秘書は定時に会社登録所に申請表を提出して、法定の会社帳簿の管理と議事録を保管して、株主総会の開催を担当します。

    株主人数
    最低1名株主が必要で、いくつかの国籍では、どこの国に設立された法人かではなく。株主の資料は必ず登録保存です。この資料は公開して及び公衆に検索させすることができます。もし秘密にする必要あれば、代理株主ができます。

    香港で、株主が代理人が多いです。出資者の利益を保護するために、シンプルな信託声明を作成すること必要で、そして署名して、印紙税を課します。並べて株券(代理人の名義で)及び代理人を経由で記入済み空白名義書換用紙と一緒に出資者に交付して保存します。従って、出資者がいつでも会社をコントロール可能です。代理人株主の身分が公開記録、並べて会社登録所に検索することができます。都合により、弊社の代理人会社或いは信頼できる個人が会社株主を担当できます。

    会社定款
    会社は必ず定款があります。その定款大綱は会社名称、香港の登録所在地、登録支払及び株主の有限責任を明記します。定款細則は会社の各項ルールを明記して、株主と取締役会儀のプロセスを開催して及び発行株券と株式譲渡の各項制限を含まれます。

    登録抹消
    香港会社条例によって、香港に設立された私人有限会社は未返済の財務が無い、株主全員の同意を得た、会社登録所処長に抹消を申請します。申請人は処長に申請を手渡す前に、税務局局長より発行される「不反対書面通知」を入手すること。このプロセスは5-6月がかかります。(詳しく資料をご覧ください)



    精品人人妻人人澡人人爽牛牛

    <em id="3ddt7"></em>

    <var id="3ddt7"></var>

      <sub id="3ddt7"><output id="3ddt7"></output></sub>